フィンジア

フィンジアの成分でかゆみ等の副作用はある?合わないなら返金保証がある

リアップなどに配合されているミノキシジルに頭皮のかぶれなどの副作用があることの影響で、育毛剤を使うと同様の副作用が起きるのではないかと懸念している人もいるでしょう。

キャピキシルとピディオキシジルを主成分とするフィンジアの場合、そうした副作用が起きる可能性はあるのでしょうか。また、起きるとすれば原因な何なのでしょうか。

フィンジアの有効成分はどんな効果が期待できるの?

フィンジアの主成分であるキャピキシルとピディオキシジルは、医療機関でAGA(男性型脱毛症)の治療に使われているプロペシアとミノキシジルに似た働きがあるとされています。

それぞれ、どのような点が医薬品の効果と似ているのでしょうか。

AGAの原因・DHTを抑えるキャピキシル

AGAの原因は、男性ホルモンから作られるDHT(ジヒドロテストステロン)という物質です。

医療機関でのAGA治療で、最優先で処方されるプロペシアは、このDHTの生成を抑えるための薬です。DHTの生成が抑えられれば、ヘアサイクルが整えられて抜け毛が減り、薄毛の原因が除去されるのです。

キャピキシルはアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3という2つの成分からなっていますが、プロペシアに似た働きを持っているのはアカツメクサ花エキスの方です。

もうひとつのアセチルテトラペプチド-3は頭髪の成長力アップ効果があるとされており、キャピキシルは抜け毛を抑えながら髪の毛の成長を促すことができる成分だとされています。

キャピキシルに不安を抱く理由としては、プロペシアの副作用が考えられます。

プロペシアはED(勃起障害)や精子減少など洒落にならない副作用があることが添付文書に明記されており、最近では服用をやめても後遺症が出るケースも報告されています。

キャピキシルはこのプロペシアに似た働きを持っているため、不安視されているというわけですね。

ミノキシジルに分子構造が似ているピディオキシジル

AGA治療ではプロペシアと同時に、ミノキシジルの外用薬を処方することが多いです。もともとは血圧を下げるための血管拡張剤として開発された薬が、AGA治療に転用されたものです。

ミノキシジルはもともと飲み薬ですが、水溶液を頭皮に塗ると血管が拡張されて血流が促進され、毛根に多くの栄養素が行き渡って髪の毛の成長力がアップすることが分かり、AGA治療薬に転用されたのです。

リアップをはじめ、ドラッグストアで購入できる発毛剤に配合されているのも、このミノキシジルです。ピディオキシジルは、このミノキシジルに分子構造が似ている成分です。

開発元は、ミノキシジルと同様、頭皮の血流を促進させ、髪の毛の成長力をアップさせる働きがあり、効果はミノキシジルとほぼ同レベルと説明しています。

問題は、ミノキシジルにも頭皮のかぶれや湿疹といった副作用があることで、副作用が出た場合には使用を中止せざるを得ません。しかも、副作用の発症率は1割弱と比較的高めとなっています。

また、厚生労働省は因果関係を否定していますが、リアップを使っている人の中には心不全で死亡したケースもあるのです。

ピディオキシジルは分子構造も効果も、ミノキシジルによく似ています。それだけに、似たような副作用が起きるのではないかと心配になるのも、致し方ないところでしょう。

フィンジアの2つの有効成分は大丈夫なの?

では、フィンジアの有効成分であるキャピキシルとピディオキシジルに副作用の危険性はないのでしょうか。これについては「現時点では副作用はないと判断できる」ということになります。

キャピキシルは開発元のお墨付き

まず、キャピキシルの副作用については、開発元の説明を見るのが手っ取り早いです。原文は英語ですが「副作用なしに育毛効果を発揮する」と、はっきり書かれているのです。

プロペシアにしろミノキシジルにしろ、副作用がある場合には添付文書にそのことが明記されているものですが、キャピキシルの開発元はこの点について、相当な自信を持っていると考えて良さそうです。


参考URL:http://www.worldpressonline.com/PressRelease/unipex-introduces-its-latest-innovation-capixyl%E2%84%A2-28756.html

キャピキシルの開発元がここまで自信たっぷりに「副作用はない」と断言できるのは、アカツメクサ花エキスが自然由来物質だからです。

知名度の高い育毛剤は、副作用を防ぐために自然由来成分を多数、配合しています。キャピキシルについても、この点は同じだと考えられます。

ちなみにアカツメクサは別名をレッドクローバーともいい、イソフラボンが多く含まれています。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあり、DHTの働きを抑えてくれることが期待できます。

もちろん、イソフラボンも大量摂取すれば女性化乳房などの副作用があることが分かっていますが、フィンジアに含まれているレベルの量で副作用が起きることはまず考えられません。

また、キャピキシルのもうひとつの成分であるアセチルテトラペプチド-3も、4つのアミノ酸が結合したものです。

アミノ酸は体内にもさまざまな種類のものがあり、髪の毛をはじめとするタンパク質を生成する原料となっています。このような物質が、体に害を与えることは考えにくいでしょう。

ピディオキシジルはミノキシジルの「改良版」

ピディオキシジルはそもそも、副作用が出ないようにすることを目的として開発された、ミノキシジルの改良版ともいえる成分です。

ただ、分子構造を一部変えただけで、本当に副作用が出なくなるかどうか疑問に思えるのも確かです。

これについては「フレグランスジャーナル」という海外の雑誌に掲載されたフィンジアについての臨床データが参考になります。

データにはさまざまなフィンジアの効果が収録されていますが、注目すべきは副作用についての報告が全くないことです。

何らかの問題があれば記載する必要があるはずですから、記載がない=副作用が見られなかったという判断になります。

余談ですが、キャピキシルとピディオキシジルはまつ毛と眉毛の育毛剤にも配合されている成分です。

いずれも目に近い部位にあるうえ、顔はかぶれると大変です。こうした部位の育毛剤に配合されている成分ということは、ミノキシジルのような副作用については心配する必要はないという証拠と言えます。

他の成分で副作用が出る可能性はあるの?

フィンジアにはキャピキシルとピディオキシジル以外にも、さまざまな成分が配合されています。キャピキシルとピディオキシジルに副作用がなくても、そうした成分に副作用がないとは断言できません。

他の成分については、本当に大丈夫だと言い切れるのでしょうか。

エタノールは体質に合わない人がいる

まず気になるのは、フィンジアにはエタノールが含まれていることです。

フィンジアにはキャピキシルとピディオキシジル以外にも、さまざまな成分が配合されています。こうした成分の中には、水に溶けにくいため、抽出する際にエタノールが必要になるものもあります。

フィンジアに含まれているエタノールは、こうした成分に由来するものなのですが、これが問題になる可能性があるのです。

エタノールには揮発性があるため、肌の水分を奪っていくという問題があります。

消毒用のエタノールを肌にぬるとヒヤリとしますが、これはエタノールの蒸発によって熱と水分が奪われている証拠です。体質によってはこれが頭皮の乾燥を招くことにつながりかねないのです。

医療機関で注射や採血を行うときには、必ずと言っていいほど「アルコール消毒でかぶれた経験はありますか」と聞かれます。エタノールがそうした問題点を持っているのは、医療関係者も把握しています。

フィンジアのエタノール濃度は消毒用と比較すると明らかに低いですが、それでも体質によっては頭皮の乾燥からくるかぶれが出る可能性があります。

カプサイシンは肌の弱い人は注意

フィンジアは配合成分の浸透力をアップさせるため、カプサイシンという成分が含まれています。このカプサイシンも、肌に悪影響を与える可能性が否定できません。

唐辛子を素手で料理していると、辛味成分で手がピリッとしてきます。この辛味成分こそがカプサイシンで、催涙スプレーに使用されている成分でもあります。

もちろん、フィンジアに唐辛子そのものや、催涙スプレーレベルのカプサイシンが含まれているわけではありません。ただ、それでも肌の弱い人はいますので、絶対に大丈夫とは言い切れません。

「そんなこと言い出したら、何だって危険だってことになるのではないか」と言う人もいるかもしれませんが、上で挙げたプロペシアやミノキシジルも、副作用が起きる可能性は1割程度なのです。

万が一レベルでも、それほど低いリスクではないということです。

フィンジアが体に合わなければ全額返金を

フィンジアが体に合わないという人は必ずしも多くないかもしれませんが、それでもゼロではないでしょう。ただ、不幸にしてフィンジアが体に合わなくても、全額返金保証制度を利用すれば、金銭面での損害を大幅に抑えることができます。

全額返金保証制度を利用できるのは、フィンジアが到着してから30日以内です。

前もって公式のフリーダイヤルに電話を入れて、制度を利用することを伝えましょう。

理由を聞かれるでしょうが「体質に合わずに頭皮がかぶれてしまった」と言えば、引き留められることはまずないでしょう。

あとは開封したフィンジアの容器と、振込先の口座番号を書いた紙を送付すればOKです。

この制度を利用すると、二度とフィンジアを購入することはできなくなりますが、そもそも体質に合わないものを再び買うということは考えられないので、気にしなくていいでしょう。

また、全額返金といっても振込手数料などはこちらの負担になりますので、留意しておいてください。

まとめ-主成分は大丈夫だが注意は必要

フィンジアの主成分であるキャピキシルとピディオキシジルには、プロペシアやミノキシジルのような副作用はなさそうです。少なくとも、EDのように生殖機能に悪影響が出ることはまずありません。

ただ、体質によっては、他の成分が頭皮に悪影響を与える可能性は否定できません。万が一のときには、全額返金保証制度を利用しましょう。